美容外科は京都の城本クリニック
HOME>胸を小さくする

胸を小さくする

自然な大きさ、張り、柔らかさ
料金を見る
“乳房縮小術
乳房吊り上げ術
陥没乳頭形成術
 
“乳頭・乳輪縮小術
乳房再建術
 
無料相談メール
無料カウンセリング予約
 
胸の悩み
「乳房縮小術」”バストを小さくしたい”方に

“バストを小さくしたい”という方が増えてきて、近年とても多くなった施術のひとつです。肥大乳房のために、肩こりや腰痛、吐き気に悩まされたり、猫背などプロポーションの問題、また「合うブラがない・・・」、「走ると揺れて大変」など、様々な悩みがあります。「大きすぎて垂れてしまった」という悩みもあります。中には、男性のような胸を希望される方もいます。
このような場合には、「乳房縮小」の施術が大変有効です。
この施術は、肥大な、または下垂した乳房の乳頭と乳輪を理想的な位置に移し、余った組織を取り除き、小さくする方法です。
まず、乳房の肥大や下垂の程度、ご希望の大きさなどをカウンセリングしながら、なるべく傷を小さく目立たないように施術法を決めていきます。

 
ポイント
  • 肥大乳房で肩こりや腰痛、吐き気、猫背でお悩みの方に
  • 「合うブラがない・・・」、「走ると揺れて大変」などお悩みの方に
  • 乳房の乳頭と乳輪を理想的な位置に移し、余った組織を取り除き小さく
  • 十分なカウンセリングで、なるべく傷を小さく目立たないように施術法を決定
  • 術後検診も行っており、アフターケアも安心
乳房縮小術の施術法

術後の傷跡が乳輪の下から逆T字型になる施術法です。

術後の傷跡が乳輪の下から逆T字型になる施術法です。

 
無料相談メール
無料カウンセリング予約
 
 
「乳房吊り上げ術」”バストを持ち上げたい”方に

授乳後や年齢によってバストが下垂してしまったという方や、バストが大きすぎて下垂しているという方のための施術法です。
乳房が大きくて下垂しているための肩こりや、下垂した乳房裏側の湿疹、下着のくい込みなどの悩みがあります。
鎖骨間のくぼみと左右のバストトップの3点が正三角形をしているのが理想の胸の形とされています。
まず、胸の下垂程度やご希望の大きさなどをカウンセリングしながら施術法を決めていきます。 “バストバッグ”を“乳腺下”に挿入する『バストバック法』は、バストの“吊り上げ”と“ボリュームアップ”が同時にかなう施術法です。
バストの『ACR脂肪注入法』は、気になる部分の脂肪を吸収して胸に注入するという“バストアップ”と“スリムダウン”を同時に行う施術法です。体に異物を入れるのにはちょっと抵抗があるという方におすすめです。
“切らない”バストアップ『SUB-Q』(サブ・キュー)は、長期効果のヒアルロン酸を注入するバストアップ法です。部分的なボリュームアップや全体的なバストアップなど、形や大きさを自由にデザインできます。

 
“バストバッグ(人口乳腺)法
ACR脂肪注入法
「SUB-Q」(ヒアルロン酸注入)
 
ポイント
  • 乳房が下垂し、肩こりや乳房裏側の湿疹、下着のくい込みでお悩みの方に
  • 鎖骨間のくぼみと左右のバストトップの3点が、正三角形をしているのが理想の形
  • 十分なカウンセリングで施術法を決定
  • 『バストバック法』、『ACR脂肪注入法』、“切らない”バストアップ『SUB-Q』(サブ・キュー)などの方法も有効
  • 術後検診も行っており、アフターケアも安心
乳房吊り上げ術の施術法

基本的には、乳頭と乳雨林を理想的な位置に移し、なるべくキズが目立たないように乳輪の下から逆T字に切る方法を用います。

他に、乳輪周囲を切開し組織を取り除く方法もあります。

 
無料相談メール
無料カウンセリング予約
 
 
「陥没乳頭形成術」乳頭の陥没でお悩みの方に

乳頭の陥没でお悩みの方。陥没の程度が軽いものから重度のものまで個人差がありますが、重度の陥没ほど施術の対象となり、形成も難しくなってきます。 陥没をそのままにしておくと、授乳の時に困ったり、陥没による汚染で炎症が起きやすくなったり、また美容的(見た目)な悩みだったり・・・。 陥没の程度や乳腺炎の程度などにもよりますが、授乳の可能性なども含めて考慮し、施術法を選択していきます。 主に、乳管を切らずに皮膚を形成して乳頭を作る方法が用いられます。 術後の傷跡はほとんどわからなくなります。また感覚が鈍くなる心配もありません。術後1~2ヶ月間は、乳頭を押さえつけないように注意して頂く必要があります。

 
ポイント
  • 授乳時・炎症・見た目でお悩みの方に
  • 十分なカウンセリングで施術法を決定
  • 乳管を切らずに皮膚を形成して乳頭を作る方法が主流
  • 術後の傷跡はほとんどわからなくなり、感覚が鈍くなる心配もなし
  • 術後検診も行っており、アフターケアも安心
陥没乳頭形成術の施術法

局所麻酔で、乳頭周囲を数ヶ所切開し、乳頭周囲を剥離。
乳頭突出が十分な状態で形成し、立体的に縫合。
この後、乳管と皮下組織を癒着させることが必要。
また乳頭の突出のため、糸を取り付ける場合もあります。

 

局所麻酔で、乳頭周辺に立体的なプロペラ状を形成して切開。
乳頭面を引き上げ、他の立体面が側面を形成するように立ち上げます。
これを縫合して、突出した乳頭を保持します。

 

陥没が重度の場合で、乳頭挙上後の腔が大きいと予想されるときは、腔を充鎮し乳頭の際陥没を防ぐために真皮を用います。
局所麻酔で乳管周囲の索状物切離後に、乳頭基部を2枚の真皮弁で引き締めるように縫合。
乳頭を形成します。

 

乳腺炎を繰り返し、乳管の温存が不可能な場合には、乳管を切離して乳頭を形成する施術法を用います。局所麻酔で、乳頭基部を平行に上下切開。乳頭が十分に突出するように癒痕組織や乳管を切離。突出が十分なところで切開線を引き寄せ縫合します。

 
無料相談メール
無料カウンセリング予約
 
 
「乳頭・乳輪縮小術」乳頭が大きいとお悩みの方に

乳頭が大きいとお悩みの方には、『乳頭縮小術』でバストと乳頭のバランスを良くすることが可能です。
乳頭が高い場合も、直径が大きい場合も小さくすることができます。ご希望の大きさをお聞きしながら、施術法を選んでいきます。
施術後の授乳機能を残すかどうかで方法が異なります。
乳頭の体積を小さくした後に縫合します。傷跡はほとんどわからなくなります。


乳輪がバストの大きさに比べて大きいとお悩みの方は、『乳輪縮小術』で小さくすることができます。バストの大きな方に多いお悩みですが、あまり大きくないバストの方でも乳輪を小さくすることで胸全体のバランスが良くなります。
施術法としては、乳輪の径を小さくする方法、乳輪の広さを狭くする方法、乳輪の径と広さの両方を小さくする方法などがあります。基本的に、乳輪をドーナツ状に切除することによって面積は小さくなります。
乳頭に近い部分を切除する施術法や乳輪の外側を切除する施術法があります。

 
ポイント
  • バストと乳頭・乳輪のバランスを良く
  • 乳頭が高い、直径が大きい場合に小さくすることが可能
  • 乳輪をドーナツ状に切除することによって面積は小さく
  • 十分なカウンセリングで施術法を決定
  • 術後の傷跡はほとんどわからなくなる
  • 術後検診も行っており、アフターケアも安心
乳頭縮小術の施術法

授乳機能を残す場合

局所麻酔し、乳頭基部をドーナツ状に切除。中心の乳管部を残し低くしていきます。
広さは乳管のない部分を切除。また乳頭基部の円周も小さくするため、3ヶ所の位置をずらして小三角形の切除を加えて縫合します。

授乳機能を残さない場合

局所麻酔し、乳頭のあまり部分を切除。いくらでも小さくすることが可能です。

 
無料相談メール
無料カウンセリング予約
 
 
「乳房再建術」失われたバストを取り戻す

乳ガンなどの手術によって失われたバストを取り戻す施術法です。
バストを失ったことによる精神的、肉体的な影響はとても大きいものです。
失った乳房を取り戻すことのできる乳房再建は、大きな意味を持っています。
これまでの乳房再建術の適応には、早期乳ガン、根治手術後長期経過、遠隔再発が認められない場合などの条件が必要でした。が、現在では局所再発率や生存率が変わらないことが証明されたため、乳房温存術で部分切除を受けた方や、乳房と胸の筋肉の両方を切除した方でも乳房再建が可能になりました。

 
ポイント
  • 失った乳房を取り戻すことは大きな意味を持つ
  • 乳房温存術で部分切除を受けた方や、乳房と胸の筋肉の両方を切除した方でも乳房再建が可能に
  • 術後検診も行っており、アフターケアも安心
乳房再建術の施術法

人工乳腺(インプラント)

皮膚に余裕がある場合、一般の豊胸術と同じように人工乳腺を胸筋または皮下に挿入します。
皮膚に充分な余裕が無い場合、組織を伸ばす器具を用いてから、人工乳腺を挿入することになります。

 

筋皮弁法

胸筋が残っていない場合にこの術法を用います。背中の筋肉か腹部の筋肉を利用する事になりますので、新たな部位の石灰が必要になります。
乳房の輪郭再建の数ヵ月後に乳頭乳輪再建術を行います。残存している側の乳頭、乳輪を移植する方法や入れ墨を用いる方法があります。

 
 
無料相談メール
無料カウンセリング予約
 
 
料金表 ―胸の悩み―
乳房縮小術
(麻酔代含む)
    両方 1,050,000円(税込)
乳房吊り上げ術
(麻酔代含む)
    両方 1,155,000円(税込)
バストバッグ
(人工乳腺法)
(麻酔代・アフターケア代含む)
    682,500円(税込)~787,500円(税込)
ACR脂肪注入法 (脂肪吸引代を含む) 315,000円(税込)~525,000円(税込)
SUB-Q
(サブ・キュー)
  1cc 7,350円(税込)
40cc 294,000円(税込)→231,000円(税込)
60cc 441,000円(税込)→315,000円(税込)
80cc 588,000円(税込)→378,000円(税込)
陥没乳頭形成術(麻酔代含む)     片方 126,000円(税込)
乳頭縮小術
(麻酔代含む)
    片方 73,500円(税込)
乳輪縮小術
(麻酔代含む)
    片方 183,750円(税込)
乳房再建術
(麻酔代含む)
    1,050,000円(税込)~
※カウンセリング無料・医療ローン可能・各種カード使用可能

 「ネットで見た!」とお伝えいただければ特別価格でご提供させていただきます。

※「ACR脂肪注入法」料金例
両太もも内側脂肪吸代 210,000円(税込)+ACR脂肪注入代 105,000円(税込)→合計 315,000円

 
無料相談メール
無料カウンセリング予約
 
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。